baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものがたり考 with クリロズ

じぇいど♪さんのブログ“なにが見えてる?”で展開されているクリロズについても含めて、「物語」というものについてちょっと語ってみます。

この世にはものがたりが数え切れないほど存在しています。
世界的に沢山の人に知られているものから、たった一人の胸の内に生きているものまで数えるとそれは全銀河の星の数に等しいかもしれません。
映画や小説・漫画は言わずもがな、歌や詩、たった数十秒のテレビコマーシャルや一枚の写真にだってストーリーがある。
どうして人はこんなにものがたりを求めるんでしょうね。

あなたには好きなものがたりの一つや二つ、あると思います。
どうしてそれが好きなんだと考えますか。
胸が震えるから?
涙が出るほど感動したから?
楽しいから?
ワクワクするから?
理由は人それぞれですが、それをうまく説明できることもあれば、できないこともあるでしょう。

人は、自分でも持っていることに気づいていない「可能性の種」や、癒しきれなかった「小さな傷」を抱えています。
それらは、無意識の領域にあります。
けれどそのままでは、その人に知覚もされないし、知覚されないから芽が顔を出すことも傷が昇華することもありません。
では、その芽や傷が表に現れるにはどうすればいいと思いますか。

表の世界にあるものがたりを依り代とするんです。
つまり、あなたがある特定のものがたりに惹かれる場合、そのストーリーとあなたの内で共鳴するものがあるのです。
例えば、戦士の勇敢なる物語。
こころ踊るサイエンスフィクション。
手に汗握る、推理小説。
ハートが弾けそうなほどのラブソング。
物語とあなたの内の何かが共鳴して、あなたは無意識の領域に眠る種や傷を表層意識に引きずり出し、傷の昇華を行い、種が芽吹くのに必要ななにかを得る。
そうしてなにがしかのカタルシス(Catharsis)、あるいはブレイク・スルー(Break through)を得るのです。


で、こっからはクリロズにまつわる話。
じぇいど♪さんがこちらの記事に書かれているように、クリロズの地下の探検が活発化しています。
その口火を切ったのはあたしなんですが(笑)今現在複数の人がクリロズの地下に何かを感じています。
それらは共通する点もありますが、相違するところもあります。
なぜそうやって人によって違うものが視えるのか、というのは不思議でもあり面白いのですが。
これについて、自分なりに考えてみたんです。

ものがたりは、一つのワールドを形成しています。
しかしそのワールドには、隙間があります。
世の中のある特定の種類の人は、その隙間に自分の創造性の種を植えます。
そして一つのワールドに寄生した更なるワールドを作ることがあります。
それを一般にはパロディと読んだりするわけですが…。
誰だって想像したことがあるでしょう、自分があのスパイ映画の主人公だったら、自分があの素敵なヒロインの恋人だったら…。
あのバッド・エンドを自分好みにして、主人公と恋人が結ばれるのを見届けたい…とか。

それは、既存のワールドを味わい尽くすだけでは消化しきれなかった己の傷を、芽吹ききれなかった可能性の種を育てるための行為なのかもしれません。
著作権の絡みなどで否定する人もいるのかもしれませんが…元よりこの世に存在する物語の中に100%のオリジナルなどはありません。
物語の材料というのがあります。
その材料は数がけして多くないのです。
けれど、その材料をどう料理するか、つまりどのような配列にするかというのは無限なのです。
そういう意味では、パロディもオリジナルもたいして変わりはありません。
ただオリジナルが基礎から自分一人で作り上げるものに対して、パロディは既に基礎ができています。
だからこそ、そこに更なる展開を付け加えることが楽しくもあるのでしょう。
替え歌が面白いのは、元の歌と同じメロディなのに全然違うストーリーが出来上がるからです。
そこにあるのは、ダブル・ミーニング(Double meaning)です。

クリロズは一つのワールドです。
そしてこのワールドの隙間から、今様々なワールドが、ストーリーが芽生えています。
その芽を余計なものとして切り捨てることも可能かもしれませんが、きっとそれをすれば、誰かの昇華や成長が少なからず妨げられるように思います。
これら複数のワールドがなにを目指しているのかは、今のところ私たちには分かりません。
最終的に一つのワールドに収束するかもしれないし、全く別の歴史を刻むかもしれません。
どちらにしろ、クリロズから芽生えた新たなワールドと対面した当人は、そこを探検することによってなにがしか必要なものを得るでしょう。

地下。
それは、暗きもの。
私たちが生まれ、私たちが還るところ。
無意識や、過去の暗喩でもあります。
さぁ、ものがたりに導かれし者よ、お前の過去を語ってごらん?


追伸
現在とある理由で書くことを最優先しているものがあります。
そのため、(普段でさえ遅い)レスが遅れがちになっています。
申し訳ございませんが、そのうち…余裕ができたらお返事させていただきます。
(判ってるさ、これが自分で自分の首を絞める行為だってことはwww)




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

命に対する感覚

星野道夫という写真家がいます。(公式サイトはこちら
彼は写真も素晴らしかったけど、心に響く文章を書く人でもあった。
その文は、彼の写真と同じようにどこまでも透明でどこか悲しげででも優しい、そういうものだった。

一つのものに対して、私はあまり執着しません。
熱しやすく冷めやすい性格だから。
でも、その私が本当に“はまる”と、しいつこいくらいに情熱を捧げます。
星野道夫の文章もそうで、彼の本は複数持っています。
(写真集は高くて手が出せませんでした…)

人は、その人生において時に「自分の考えに影響を及ぼした人やなにがしかのもの」と出会う。
星野の文章は、私にとって「命」に対する考え方を左右した。

クジラ漁についてただ淡々と書き記したエッセイがある。
3週間もの間、ただ海を睨み、クジラを見つければウミアック(カヌー)で追いかけるけれど、どうしてもうまくいかない。
もうダメかと皆が諦めかけた頃に、漸く一頭だけ仕留めることができた。
一晩かけて解体し、最後にクジラのあごの骨を海に帰す。
人々はその時叫ぶ、「来年もまた戻ってこいよ」

クジラは地球を舞台に回遊を繰り返す。
その中で、氷海に閉じ込められ、身動きが取れなくなることがある。
今の時代、そういうクジラは発見されるとなぜか救助の対象となる。
もしもそのクジラがそのまま死んでいれば、ホッキョクグマの命の糧となっていただろうに。
「時代は変わった……。昔なら、このクジラは自然からの贈り物だった」

命とはやりとりするものじゃないだろうか。
地球という星は、そのようなシステムの下に作られている。
(そこに私は意図があると思っている。意図などないと考える人もいるだろう、それもまたよし)
そのやり取りを罪とするのはなぜなんだろう。

やりとりするものとして出来上がったシステム。
なぜそこで、失われることを嘆くのだろう。
奪うことを悪とするのだろう。
無意味な殺生をすべきでない、確かにそうかもしれない。
だけど、ただ生き物の営みを前にすればそれも傲慢じゃないだろうか。


食物を得るのに命を賭けることは今の時代ひどく少ないだろう。(少なくとも、ある一定の文明レベルに達していれば。)
そういう職業に就いている人でなければ、自分を養う命と自分の命を対等に遣り取りすることはないのだろう。
それは、悲劇だと思っている。
命の持つ意味を、リアルに感じられないからだ。
あたしは、自分で生き物を育て、それを殺して食べてみたいと思っている。
そうして、初めて命の意味を感じられるように思うから。
この星に生きていられる、感謝を感じられるように思うから。

人は、めぐる命の輪の中にいないように思う。
それは不幸ではないだろうか。

自分の命を脅かすような動物の鳴き声に夜おびえながら寝に就く、
それはひどく幸福で幸運なのだと思う。

生きるための苦労を知らないというのは、不幸でしかない。
そんなことを、ある日考えた。

アラスカ 風のような物語 (小学館文庫)アラスカ 風のような物語 (小学館文庫)
(1998/12)
星野 道夫

商品詳細を見る





 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

天麗美人占い

ネット上の無料占いなどは、思わずやってしまいます。
そして、当たってるー当たってない―と、きゃあきゃあ遊んでいるあたし。
ついでにご紹介してみます♪
今回のは、天麗美人占いというものです。

ちなみに、私の結果は…

星美人

中心の気もオーラの気も「金」である「星美人」は、第一印象で何かキラリと光るものを感じさせます。
テキパキと物事をこなす実務能力に優れている一方で、周囲にキメこまかな心遣いもできる人。
情熱的で凝り性なので、「これ!」と思い込んだものには全身全霊をかけて打ち込みます。
ただし、何かに打ち込むときはパワフルですが、情熱が冷めるのも早い傾向があり、好き嫌いもはっきりしているため、切るところは思いきりよく切ってしまう潔さも持っているのです。


はいはい(笑)
ハマるのも早いけど、冷めるのも早いです!
例えば、アーティストのCDなどは一枚買うと満足してしまい、連続して同じアーティストのCDを買うことはあんまりないです。
その代り、本当の意味でハマると10年単位で追いかけますw 超ストーカー!!

プライドも高いので、実利がからむと一刀両断に結論を出したり、闘う姿勢を見せたりと、即断即決の対応に出ます。
「金」にはもともと「攻撃本能」があるため、天麗五行のすべてが「金」で構成されている「星美人」は、ナイフのような鋭さで核心を突く発言をしたり、無意識のうちにキツイ言葉を投げかけたりしがち。
主義主張があるのはいいことですが、偏りは禁物。特に、年を重ねるごとに視野が狭くなるので、広い視野に立つことが重要です。
自説を曲げない強情さや頑固さが顔を出すと、運気は急激に低下します。
自分さえよければいいという我欲に走ったり、協調性を失うのもマイナスです。
いったん手に負えなくなると、金属が錆びついたように一気に動かなくなるという弱点がありますが、それが注意力を奪い、凡ミスから大きな失敗につながることもあります。
自分の思い通りにならなくて納得がいかない場合でも、最後まで投げ出さないことが肝心です。


ははは、その通り。
発言がきっついのよね~毒舌なのよねぇ~。
これでも相当気をつけてるんですけどね。
あんまり自分で自分を抑えすぎるのも、ただ辛いだけなのでその擦り合わせが本当に難しいです。

それさえ気をつければ、ピカピカに磨き上げられたゴールドのように、美しい輝きを放てるはず。
自分や他人の弱点や失敗を受け入れるゆとりを持って、前向きに人生を切り拓きましょう。「星美人」のあなたは、それができる運命の持ち主です。


あんまりきらんきらんなのも、眩しくて嫌だな(笑
皆様の結果はどうでしたか?^-^




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

前世あれこれ

前世を思い出すってことは、多分そうよくあることではないでしょうが、その必要がある場合にはボロボロ出てくるもんでもあると思います。
私の場合は、もう数え切れません(笑)
全部列挙しようとすると、発狂するんじゃないかしら。
以前は、出てきたものは律儀に日記に記していたんですが、今はもうそれもやりません。

こないだ書いた、pyoさん絡みのモンゴルの前世。(記事はこちら
彼は1227年没ということで、1300年代(14世紀)くらいになりますね。

直近の前世は、おそらく19世紀イギリス。
ヒプノセラピーで思いだしたものであんまり自信はないんですが、女性として生きて結婚の機会はあったけどなぜか独身を選んだ人のようです。

これよりひとつ前の過去世は、おそらくスペインで修道士をしていたのではないかと思います。
具体的な記憶は一切出てきていないんですが、私はキリスト教との関わりが深くて、修道士や修道女だったことは複数あると思うんですよね。(というか、ヨーロッパでの転生が非常に多い気がします。なんで??)
おそらくこの人生は1600年代(17世紀)じゃないかなぁ。

それ以外にも、中世の(おそらく)イタリアでの人生があります。
これはモンゴルでの人生と修道士をしていた人生の間に位置するんじゃないかな。
両親はいなかったのですが、教会の神父さまに育てられて、町の人たちにも可愛がられていたので寂しさなどは感じなかったようです。
防御の為に丘の上に建てられた小さな町。
ありふれた結婚をして、妻と子供に囲まれて、満足の内に死んだ、そういう人生もあったようです。

738.jpg
画像はこちらからお借りいたしました。

おそらく私は200年に一回くらいの割合で生まれ変わってるんじゃないかと思っています。
これ、結構多いと思いませんか?
勿論中には20代とか30代で亡くなってることも多いですが、そういう人生に限ってまた濃ゆい人生送ってるし(笑)
これらの前世の特徴は、どれもこれもありふれていること。
本当にこういう人生を送った人がいるんだろうな、と思わせられるものです。
中にはエジプトの女王とか、とんでもないものもあるんですが(笑)全部が全部そうじゃないのがリアリティがあるよな、と思っています。

最近は地球外の人生を思い出すことが増えているみたいで、そうなると完全にファンタジー小説のノリになっちゃうんですけどね。
このあたりも、ぼちぼちご紹介できたらいいな!




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

バースカラー

色彩占いといいますか、あなたの誕生色を調べてみましょう♪というサイトを見つけました。
URLはこちら。

私の結果は、


* 理論的な思考能力を持ち、好奇心が旺盛な人。
* 神経を張り巡らしている人。
* 新しい情報に敏感。
* 明るい性格で、優れたビジネスセンスがある。
 
  地球の「大地」をイメージ/春花の色、福寿草、タンポポ等黄色の花
  信頼、信用の象意がある(コミニュケーションの色)
  明るい陽気な性格、しかし突然暗くなる(批判精神)
  (夜空の花火=華やかな一面裏側はさびしい)
  黄色のシャドー(影)=妬み、嫉妬の色
  自閉症を癒す色(アトピーとの関係)
  黄色は危険信号(トラ、蛇)遠くからよく見える色
  宝石では、トパーズ(友情)黄


* 意志が強く、意見がはっきり明確です。
* 向上心あり。
* 良いものと悪いものを見分ける能力がある。
* 物事の優先順位をはっきりさせます。

  成長の色(成長ホルモンとの関係)/赤のスタミナパワー(肉体)/黄の頭脳
  知的な好奇心が旺盛/本能的に選り分ける能力がある
  ステイタスやブランドに興味がある(好きである)
  身の回りから友人関係までゴージャスに固めます
  登校拒否を止める色
  自分の非を認めない人、人を説得するのが上手
  成長-おおきくなるイメージで財布の色としてよい
  宝石では、コーラル-珊瑚(調和)


* 理論的な思考能力を持ち、好奇心が旺盛な人。
* 神経を張り巡らしている人。
* 新しい情報に敏感。
* 明るい性格で、優れたビジネスセンスがある。

  地球の「大地」をイメージ/春花の色、福寿草、タンポポ等黄色の花
  信頼、信用の象意がある(コミニュケーションの色)
  明るい陽気な性格、しかし突然暗くなる(批判精神)
  (夜空の花火=華やかな一面裏側はさびしい)
  黄色のシャドー(影)=妬み、嫉妬の色
  自閉症を癒す色(アトピーとの関係)
  黄色は危険信号(トラ、蛇)遠くからよく見える色
  宝石では、トパーズ(友情)黄


* 冷静な判断力と不屈の精神を持っている。
* 大器晩成型の人間。
* 運気に波乱が生じやすい。
* 経営センス抜群。
* モラル・ポリシーを大切にします。

  「天空」と「海」の色のイメージ
  澄み切った空の色(宇宙のひろがり)
  深い海の静けさ(心が落ち着く)
  全ての生き物が芽を吹き出すときの色
  自由な発想が出来る。ぶっきらぼうで言葉を飾らない
  運気に波乱が生じやすい。いつも楽天的に暮らしたい
  水のように流れたいという欲求を秘めている
  宝石では、アクアマリン(聡明)

特殊色
特殊色はありません。

でした。
結構当たってます(笑)
でも「身の回りから友人関係までゴージャスに固めます」は納得いかん(笑)
ゴージャスな友人関係ってなにさ?!w
よろしければ皆さんも遊んでみてくださいな♪




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。