baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と人のものがたり・第二部 ep.2

【明か時(あかとき)の天使】



ザドキエルと出会ってから、半年以上が経った。



彼女はその日、あるいは暁の天使と呼ばれる者の話を読んでから横になった。
イメージに何者かが現れる。 彼はその話にも登場していた。
…………ルシフェル様だ、と直感する。


凛々しい顔、力の漲る体躯。
玉座にゆったりと座る彼の漆黒の髪は長く、床にまで届く。



よく戻ったな。



「私」はひれ伏して玉座の肘掛に置かれた彼の手に口付ける。
そうしてその長い髪を一房すくって同様にする。



振り返るとそこは大広間。
大勢のモノがいるようにも、ガランとしているようにも思える。


彼はそこからずっと人間界を見ていた。
ずっと、ずっと。
そして「私」は彼の右に立ってそれに倣っていた。

やがていつだったか、[私]は彼に願い出たのだ。
そして人間の世に飛び込んだ。








よく考えてみるがいいよ。
なぜ、宵の明星・明けの明星が彼の名を冠しているのか。


彼は闇に降りた天使。


光に在る天使では救えるものは限られる。
だからこそ、彼は闇に身を投じたのだ。


宵の明星。
暗くなり始めた空に、何よりも早く輝き始める指針。




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

こんにちは、偶然立ち寄りましたがとても勉強になるブログでしたのでコメントさせていただきました。

NO TITLE

今日はツインとおそらく、落ちて行かなければ一緒に引き上げることはできないからおりていったのだろうと思ったので、今このページを見てびっくりして書き込んでます。
光に戻るときにあらかじめ重たい自分として生まれて周りの人々と絡まりながら一緒に引きあがって行くんだろうな、と今日思ったのです、ありがとうございます

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。