baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使と人のものがたり ep.3

【留まる者】

濃い金髪が、奔放に流れている。
真夏の中天のように深い青色の瞳には、厳しい光が浮かんでいた。
佇む彼の周りを、数人の天使が慌ただしく行き交う。
用意を終えると、彼の副官は、片膝をついて彼の剣を差し出した。
「お仕度整いましてございます。兵も、あと僅かで出立できましょう」
固い声音に、ミカエルは一つ頷きを返して剣を手に取った。

その時、何の前触れもなく重い両開きの扉が開いた。
「ウリエル。 珍しいな、お前がここに来るのは」
自分と同じく御前天使である天使の登場にも、ミカエルは無表情を貫いた。
「行くのか」
行動とは正反対の静かな声で、ウリエルが問うた。
「あぁ。 至高神に反旗を翻すものを誅するのが俺の役目だ」
例え、その相手が神の右に座する暁の天使であっても。

そして、……己と対とされる相手だとしても。


ミカエルが、ふと右手を閃かせた。
心得た部下の者達は、一斉に部屋の外に出て扉を固く閉ざした。
ウリエルの茶色の瞳は、微かな痛みを訴えていた。
その様に、ミカエルはやっと唇を笑みの形にした。
「何を憂うことがある。これもまた…」
その先はけして言葉にしないけれど、ウリエルもまた心得ている。
それでも、嘆かずにはいられなかった。
この時がいつか来ると知っていた、けれどその痛みがこれほどとは!

「……世界が、二つに裂けてしまうようだ」

長い沈黙の後のウリエルの言葉だったが、ミカエルが反応を返すことはなかった。



「ザドキエル」
己の名を呼ばれた銀髪の天使は、振り返った。
やってくる二人の天使に、笑みを浮かべる。
「どうしました? ガブリエル、ラファエル」
「お前の気配を辿ってやってきたんだよ」
少し呆れたような口調のラファエルに、ザドキエルは苦笑する。
「………心配をおかけして、すみません」
寂しげな瞳に、二人の天使は似たような色を瞳の中で翻した。
「…レミエルが、寝返ったそうだ」
「そうですか」
ザドキエルの声は穏やかで、その内心は知れない。

知っていました。
私がどれほど願っても、それが私の役目ではないことは、判っていました。
……だから、羨ましい。
彼の方につき従える、あなたが。

泣くことのできない天使は、その代りに小さく瞬きをした。
空は青く、流れる雲は白く、鳴き交わす小鳥の声は平和そのもの。
しかし、ここがいくら天界でも最も奥まった場所とはいえ、辺りが静かすぎた。
それが嵐の前の静けさであることを、そしてこれからどんな惨劇が起こるのかも、彼らは識っていた。
識っていたが、彼らにはそれを受け入れるしか術がない。
なぜなら、それは……。


「その時は、いつやってくるのでしょうね」
「判らん。だが、いつか必ず…」
銀色の天使は、瞳を閉じた。
闇に浮かぶ、白銀の幾重にも重なるライン。
あるいは空間であり、あるいは時であり、あるいは命である様々な精妙なライン。
自分たちと分かたれる光が見える。
何よりも愛しい同胞たちの武運を、彼は心の中ひっそりと祈った。





あちらこちらで、物語が書かれ始めているのにお気づきの方もいらっしゃるでしょう。
Mixiでもその輪が広がっていって、なんだかとんでもないことになってます☆
私も負けじと頑張って掲載しようと思います(笑)
それなりに書き進んでるんですけど、ブログへの転載がなかなか進まなくって^^;
応援として感想を教えてくださると嬉しいです

しっとりさんが、紹介してくださいました。 →sittoriweb:キール君と見習いスタッフの開店前トーク




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

おお~(゜o゜)

天使のオンパレードだ~と、思ったらおおう!
記事に書いてくださってありがとうございます(^^ゞ

ミカエルが戦いに赴くんですね・・・
どきどき…




おへんじ

しっとりさん

俺も私も、とわらわら出てきました。出たがりめw
最初は書く予定がなかった部分です(笑

こんにちわ

先祖供養21日行に参加させていただいております、らんきちです。
こんにちわ。

1週間、とりあえず無事に、感謝の気持ちを届ける事ができました。
最初の頃に、2組のカップルがお辞儀をして去っていったビジョン以降
これといったことはないままですが。

毎日つくづく、「私が生まれるまでに、いったい何人の人が命を繋いでくれた事か」と驚いてしまっています。

こういう機会を与えてくださった月花さんに感謝いたします。
ありがとうございました。

またお邪魔しますね!

おへんじ

らんきちさん

こちらにも書き込み有難うございます。
21日行は、基本的にご先祖様にお送りするヒーリングなので、ご自身には何も感じられないことも多いかもしれません。
でも、自分に繋がる何かが変われば、必ずそれは返ってくると思います。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。