baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てについてしつこく語る。

まだまだ捨てについて語ります。
うふふふふ、しつこいと言われても構うものですかwww
(てか、捨てがいかに好きか、嫌でも伝わりそうですね。)

散々捨ての効用について語っていますが、私は「何もかにも捨てろ」とは言いません。
なぜなら、捨ては第一段階に過ぎないからです。入口でしかないからです。

不用品を捨て続けて、私は「物にも新陳代謝がある」ということに気付きました。
新陳代謝(しんちんたいしゃ)とは、古いものが新しいものに次々と入れ替わることを言う。(Wikipediaより)
たとえば、私たちは毎日ご飯を食べます。
水分を摂取します。
息を吸います。
そして、ご飯は消化し、栄養分を吸収し、その吸収した栄養からエネルギーを発生させ、そのエネルギーが体の活動の全てを支えています。
そして発生した老廃物を、排泄しています。
それと同じことが、物にもいえるのです。
買ってきたものを使う、使って生活を便利にして楽しくして、暮らしていく。
そしていつか、それは寿命を迎えて我々の元を旅立つのです。
物を大切にするというのは、「使う」ということです。
使いもしない癖に溜め込むのは、大切にしているのではなく、「死」蔵に過ぎません。
それこそが、なによりも物に対して失礼なのです。

と、話が逸れました。
物には新陳代謝があります。
不用品を溜め込んでいる状態、それはズバリ便秘です!宿便です!
あなたが美しく在るためには、それを取り除くしかありません。
ですが、ただ捨てればいいというものでもありません。
必要なものまで捨てたりしたら、それは「下剤を飲んで無理やり体重を下げている」ということです。
健康にいい筈がありません。
ダイエットが痩せればいいというわけではないのと同じように、物がなくてイライラするくらいならあったほうがいいわけです。
つまり、体重と同じで適正な値であることが最も大事なのです。
その適正値は人それぞれなので議論しませんが、こういう考え方もあるんだよ、と心の隅に留めていただけると幸いです。




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。