baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物の新陳代謝

以前、ミクシィのとあるお掃除系コミュで声高に主張する人がいました。
「捨てたらそれはゴミ、ゴミを捨てることは地球環境にとってよくない。だから自分は捨てられない」と。
確かに、一見筋が通っているように思えます。
でもねこの方は思い間違いをしている点がある。
それは、「物はいつか必ずゴミになる」という点です。
それが早かろうと遅かろうと、ゴミになるのは事実です。
現時点でゴミなものは、未来の時点でもゴミです。
勿論中には手直しをして生き返るということもあるでしょう、でもそれを言い訳にしてはいけないんです。
(そして、本当に必要なものならば現時点で手直しをするはず。それをしない時点でそれはゴミなのです。誰がなんと言おうとね。)
それに、今役に立たないものは、いつまで経っても役に立たないままです。
そういうものを自分の身の回りに置いておけば、部屋はどんどん狭くなり、汚くなり、居心地が悪くなり、気が停滞し、新たなエネルギーが入ってこなくなり、負のスパイラルに陥るのです。

私は長い間物を捨てられない性格でした。
今だから言えるけど、4年くらい前までは部屋の中に使いもしないものが溢れ、それを見苦しい引っ越しダンボールに詰め込んで部屋の片隅に積み上げていました。
そんな生活を、恥ずかしながら何年もしていたんです

そしてエッセンスを飲み始めてからそのダンボールに詰め込んでいたものを猛然と捨て始めました。
今まで捨てて後悔したことはありません。
困ったこともありません。
そうやって自分で経験したから、自信を持って言えるんですよね。
生活が美しい人は心が美しいし、部屋が美しい人は心が整ってるって。

捨て生活は既に4年目ですが、今だにゴールに到達できません。
きっと一生無理だと思います。
だって、一つ課題をクリアするたびに目標がさらに高まるんだもん。
かつては、部屋の中に積まれている段ボールを処分すればそれでいいと思っていましたが、いつの間にか目標は更に高まり、今ではいつかインテリア雑誌に載れるくらいの部屋にしたいと思っています(笑)
まぁ、さすがにそこに辿り着くのはなによりもお金がかかるので今すぐは無理ですけど。
でも諦めなければ夢はかなうのです!
しつこく、しつこく、夢を追い求めようと思っています(笑)




 一瞬ですべてが変わる!NLPを用いたスピリチュアル・ワーク
 花の力を借りて穏やかに変わるなら、フラワーエッセンスカウンセリング
 エンジェルリンク … 天使とお友達になってみる? 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ランキング参加中。クリックお願いします♪


テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

私は「ガラクタ捨てれば自分が見える」という文庫を読んで、大処分が始まりました。リサイクルショップが普及したことも大きかったです。
手放すときは悩んだものですが、今となってはその悩んだものってなんだったかな・・・(案外そんなもの)。
リサイクルショップでの買取金額は微々たるものですが、それ以上に爽快感がたまらないので気になりませんね。
今は、キレイなうちに必要でないものをすぐ処分するようにしています。
リサイクルショップはもちろんのこと、途上国や路上生活者への援助のため本やCD、衣類の寄付を募っている団体もありますが、そこへ送るとしてもやはり美品の方が喜ばれるもの。
物の行き場が狭まらないうちに、早々に送り出しています。

おへんじ

リッキーさん

コメントありがとうございます。
私も、捨てをするようになってから「ガラクタ~」を知り、自分がやっていることは確かなんだなぁ、と確信したことがあります。
あの本はとにかく捨てたくなると評判ですよね(笑)
「キレイなうちに手放す」というのは重要ですね。
それなら、引き取り手だって現れる。
誰も埃かぶった、きっちゃな~い、ふっる~いものは要らないですからね(笑)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。