baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌いなものは嫌い

私は生クリームが苦手。
苦手なくせに、時々食べたくなります。
具合が悪くなる(胸焼け?するんです)のに、分かっててそれでも食べて「うえっ」っとなってることがあります。
我ながらバカっぽいと思います(笑)
そんな私が今日食べたのが塩キャラメルプリン。
全体に甘いんだけど塩味も効いてて美味しかったです♪
なんとか具合は悪くならずにすみました(笑)
限界許容量ギリギリって感じですがw

      

それはもう2年くらい前のお話。
ある日、私の中から猛烈な勢いで湧き上がってきた感情。
「あたしはあたしのことが嫌いだ!」
「嫌いでなにが悪い!」
「嫌いになる理由がきっとあるんだ、だからあたしはあたしを嫌いなままでいる!」
それは怒りにも似た、ずいぶんと勢いの良い思いでした。
その頃別件でフラワーエッセンスのレスキューを毎日飲んでいたので、恐らくそのせいだったんじゃないかと思っています。

ずっと、自分が嫌いでした。
だから自分自身を愛そうと務めていました。
でもなんか、面倒になっちゃったんだろうね。疲れてたのかもしんない。
「止~~~~~~~~めた!!」って。
「もういいよ、嫌いなまんまで」と、開き直り。

するとねぇ、あら不思議。
その後私は自分をそんなに否定しなくなりました。
全く否定しなくなったわけじゃないです。今でも色々あります。
でも、比較するとその違いは明らかでした。

これが受け入れるってことかなぁ、と。
「自分を愛そうとする」っていうのは、多分いいことなんだと思うよ。
でもさ、努力してできるもんならきっととっくの昔に私は私のことを大好きになってると思うんだ。
それができないのに、自分の好きなところを無理やり探すのとかさ、結構疲れるんだよね。
執着になってたのかもしれない。
「~~しなきゃいけない」っていう思いは結局、それが他人に向けたものであれ自分に向けたものであれ強制だから……。

私には時々こうやって開き直ることがあります。
割と最近も、ものすご~~~くしつこく自分に「できないことはできない」と言い聞かせてました。
できないことはどんなに頑張ってもできないんだから、無駄な努力は止めろよ。その分のエネルギーを「やれば出来ること」に振り向けたほうが効率いいだろ?
って、心の中で誰かが言ってたんだよね。

プラスの言葉で頑張る、それはいいと思う。
でも、マイナスの言葉で楽になるのもいいと思いませんか?
私みたいな人間には、特に合ってるような気がします(笑)

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

同感です!
嫌いなものを無理に好きになる必要はないと私も思ってます。
「自分が嫌い」なら「嫌い」でOK、そういう自分を受け止める方がよほど自分のためになると思います。
たしかに「自分を好き」になった方がいいかと思うけど、それに義務感をもって「~~しなきゃ」って思う方が自分をないがしろにしている気がしますね。

でも具合が悪くなるのに生クリームを食べるのはちょっと分からないないです。
生クリーム大好きなのに~、というなら分かるのですが・・・。

めちゃめちゃ分かりやすかったです。

受け入れる、ていうブログとかサイトとか、いろいろ見てたんですが
ルカさんのが一番、分かりやすいです。

ありがとやんした☆

おへんじ

たか1717さん

生クリームで毎度毎度具合悪くしてるわけじゃないですよ(笑)
体調とかにも左右されて当たり外れがあります(笑)
それに甘いものはそれなりに好きなので、たまに食べたくなるんですよ!

嫌いと好き、天秤にかけたら好きが優先されるのは当たり前だけど、だからといって「嫌い」を排除するのは考え物ですね。

雫さん

こんにちは。
受け入れる……頭じゃなく試行錯誤の末にたどり着いた結論に賛成してくださって嬉しいです!
ありがとうございます☆

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。