baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さなスタート

こんばんわ。
お久しぶりです。
気が付いたら前回の更新から1ヶ月が過ぎておりました
ついにブログトップに広告が表示されてしまった(>_<
お恥ずかしい限りです~。

こんなに長い間、何をやっていたかというと……何もやってませんでした(笑)
底の底をゆるやか~に漂っていた感じです。
今思い返してみると、もしかしたら私はその状態を楽しんでいたような気がします。
迷路のどん詰まりで立ち止まったまま、「失敗しちゃった…」と壁をむいてブツブツ呟いてる感じ?
暗いわっ、暗っ(笑)
でもこうやって文字にすると、たいして悲壮感もないですね。
やっぱ楽しむというか、半分遊んでいたのかもしれません。

ある日、ふと思ったのです。
「失敗はない、フィードバックがあるだけだ」と。
これは、NLPの根幹を成す言葉です。
私は今までもこの言葉をちゃんと理解していると思っていました。
でも、本当の意味で自分の血肉になっていなかったのかもしれません。

人生は、選択に次ぐ選択。
どこかでチョイスを間違えると、迷路に迷い込んでしまうことがあります。
きっと誰だってそういう体験をしているはず。
その時に、「自分は失敗してしまった」と考えるか「これも成功へと続く道なのだ」と考えるのでは随分違いますよね。

今回、思ったんです。
確かに、選択を間違えて今まで歩いてきた道が行き止まりになっている感じがする。
でもそれは、自分にとってマイナスのことじゃない。
「成功するには、違う選択をすればよい」というとても大切なことが分かったじゃないか!と。

子供の頃、日曜の新聞の特別版にクロスワードパズルや迷路が掲載されていました。
クロスワードはちょっと難しかったので父がやって、私は迷路で遊んでいた記憶があります。
その時、最初っから答えが分かっていたらその迷路を楽しめたでしょうか?
いいえ、全然面白くなかったと思います。
いかに早くゴールに辿り着くか、というのは楽しみのうちでした。
だからといって、あの時の私は行き止まりに突き当たるたびに「これでお仕舞いだ!」と考えていただろうか?
いえいえ、来た道を引き返してまた違う道へ行き、ゴールに辿り着く事しか考えていませんでした。
人生だって、おんなじですよね。
(まぁ確かに、単なる迷路と違って生きるにはお金がかかりますから、そういう意味で道を間違えると焦っちゃったりすることはありますけどね。)

とても小さなことです。
でも、考え方を変えるととても自分が楽になります。
状況は変わらないけど、心がほっと緩まるのを感じます。
そして楽観的になると、気がついた時には状況も好転していたりするんですよね。
当たり前だけど、とても凄いことだよなぁ~~と感心しちゃいます(^-^


う~ん、なんか今回文章にまとまりがないなぁ。
こう、もうちょっと読みやすい文章が書けないもんかしら。
物書きの神様とかいらしてくださらないかな!
つまらんこと書いちゃいましたね、お目汚し失礼しました!

まぁ結局何が言いたかったのかといいますと、「初心に戻ります!」ってことですよ。
初心に戻るって、つまり「自分の芯に立ち返る」ってことですよね。
「ぶれない」って大事ですね。
そして、それよりもなによりも「ぶれてもまた芯に戻る」ってことが一番大事なんでしょうね。
逸れてしまったと思ったら、立ち返る勇気と柔軟性。
それをなによりも意識したいものです。

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

ありがとうございます

おへんじ

春さん、こちらこそありがとうございます☆

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。