baby blue eyes

それは魂の革変の物語。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使とお茶会 最終夜

本当に、ながらくお待たせいたしました。
皆さんからの暖かい声がなければここまで来られなかっただろうと思います。
そういう意味では、この天使とお茶会を作り上げたのはこれを読んでくださる全ての方なんだろうと思います。

ありがとうございました。
私もやっと、なにかを卒業できたように思います♪
続きはクリックでお願いいたしますね!

こちらもクリックしてくれると嬉しい☆ →人気blogランキング

****** ▼ 追記記事 ▼ ******







あなたが今いるのは、真っ白な世界です。
雲の真ん中のように、上も下もミルク色。
両手を見てください。
その手は、大きいですか?小さいですか?
足元を見てください。
あなたの足は履物を履いていますか?それとも、裸足?
どんな服を着ているでしょう?
自分の体を観察してから顔を上げると、目の前に鏡が出現しています。
その鏡に映るあなたの顔は、どうですか?

全てが真っ白な世界ですが、微かな風が頬に当たります。
何かの気配が風とともにあなたに近づいてきます。
やがて霧を分けて現れたのは、背中に白い羽を持つ天使でした。
その天使が、あなたを見つけると微笑みかけてきます。
それはまるで「やっと見つけた」と言わんばかりの笑みでした。
その天使はどんな姿をしていますか?

天使は名乗り、それからあなたの手を握ると先導するように歩き始めました。
「わたしはあなたの守護天使なのですよ。
あなたが生まれる前から、ずっとあなたを見守ってきました。
一生あなただけを守ることもあります。
時期によって守護するものが変わることもあります。
それでも、《私たち》がすることは変わらない。
ただあなたとともに在る、それが私たちの喜び。
だから、今こうしてあなたに逢えてとても嬉しく思いますよ」
満面の笑みで天使はそう告げます。

やがて霧が薄くなり、そこが深い森であることにあなたは気付きました。
歌が聞こえます。
この森の堂々とした古樹の中でも一際大きな樹が歌っているのです。
「やぁ」と大樹が話しかけてきます。
「旅はどうだったかな?」
ワクワクと楽しげに、それを隠す様子もなく大樹が話しかけてきます。
あなたはなんと答えますか?

しばしの会話の後、あなたと天使は歩き出し森を抜けました。
一面に花が咲き乱れる草原が広がっていました。
青い空、白い雲、優しい風、楽しげな小鳥のさえずり。

こちらに気付き、手を振っている天使がいます。
「ガブリエル」
あなたが呟くと、ガブリエルは満面の笑みとともにあなたをハグしてきました。
ハグを終えるとガブリエルはあなたの顔を覗き込みました。
「とても久しぶりのような気がするわね」

花畑には大きな敷物がひかれ、クッションにもたれかかるように既にくつろいでいる天使たちがいました。
一人一人に、あなたは挨拶していきます。
今までの旅で逢った彼らと言葉を交わしていきました。
あなたもともに座り、美味しいお茶を飲んでお菓子を食べて、心行くまで会話を楽しみます。
天使たちからは、再びメッセージがもたらされることもあるでしょう。
もしも今までに会った天使たちに伝え切れなかったことがあったら、ここで全て話しておきましょう。
時間の流れはとても緩やかになったようでした。
まるで永遠にも思えるようでした。
けれど、遂に終わりの時がやってきます。

草原は日が暮れ、いつしか宇宙空間に浮かんでいるようでした。
そして、まるで青いダイヤモンドのような地球があなたの目の前に浮かんでいます。
振り返ると、天使たちは暖かい目であなたを見ていました。
最後に、一人一人あなたをハグしていきます。
お別れを告げると、あなたは目には見えない翼で飛び立ちます。

真っ暗な宇宙空間で、あなたを迎える者がいます。
ニコニコと笑顔で待っていたのは、あなたの守護獣です。
「僕は君の半身だ。
今はまだ眠っている、君の可能性……未来…それが僕だ」
だから僕はあなたで、あなたは僕なんだよ。
困ったことがあったら、苦しいことがあったら、これからもいつでも僕のことを呼んで。
そう言うと、守護獣の姿は光を帯びていきます。
あなたの体もうっすらと輝き始め、やがて二つの光りが溶け合っていきます。
ゆっくりゆっくり、あなたとあなたの半身である守護獣は一緒になっていきました。
目を開いてもあたりは一面の光で包まれています。





その中で、声が聞こえてきます。
最初は微かだったその声は次第に大きくなっていきます。
「赤ちゃんができたのよ!」
「とても楽しみ」
「早く生まれておいで」
「私の赤ちゃん」
あなたのお父さんとお母さんの声です。
あなたが父と母として選んだ人が、そしてそれ以外にもあなたの誕生を待ち望む人々の声が聞こえてきます。
こだまする声と想いに包まれながら、あなたは最後の扉を開きます。








「 お 帰 り な さ い 」











《最終夜・終》



Thank you for playing.
This Game is end now.
But,your Life go on FOR EVER..

with Love...

テーマ:天使 - ジャンル:心と身体

*** COMMENT ***

有り難うございました。

最終夜、有り難うございました。

最後の自分の姿、大人の手で、やわらかい靴をはいて、白いワンピースを着た20歳くらいの女性でした。

天使は白金のウェーブの髪を真ん中から分けた一見女性に見える天使。
長いローブを着ていました。

旅に対する答え
「楽しかったよ。色々なことがあって。
哀しいこと、辛いこともあったけど、
でも全てをひっくるめて楽しかったよ」

天使たちとは色々な話をしました。
楽しくて楽しくて、でも内容が分からない~~。

守護獣との再会が一番うれしかった。
自分の未来なんですね。
もう一度手に入れた感じです。

とりあえず、第一印象がこんな感じ。
うーん、上手く今は表現できません。
が、ゆっくり改めてやってみたいと思います。

有り難うございました。

おへんじ

たか1717さん

最終夜もやってくださってありがとうございます!
本当はもっと早くアップするつもりだったんですけどね、なんだかダラダラしてしまって^-^;
でもまぁ、結果的に終わりにこぎつけたのでよしとします。
また天使と遊んでくださいv-238
きっと彼らも喜びます!

お疲れ様でした

ついに最終夜ですね。
一夜での自分の姿は10代のイメージでしたが
最終夜では大人びて、天使の皆様と変わらぬ姿になっておりました。
違いは、自らがまだ発光していないこと。
天使の皆様の発光具合は凄いです。
歌う大樹、出会った天使達、そしてベア君との再会には、懐かしくて嬉しくて泣けてしまいました。
自分誕生の瞬間も、両親を想い感謝の気持ちが込み上げてきて
胸のあたりが温かくなってます。

創作には産みの苦しみがつきものと思いますが
それを乗り越えての最終夜、ありがたく思います。
素敵なお話、ありがとうございました。

チャネリングでした。

月花さん、超感激な最終夜、ありがとうございました!
実は記事を予約投稿してからヒーリングサークルにいったんですが
その時の講義内容がチャネリング実習。
結局、「天使とお茶会」シリーズの半分以上で私はそうと気付かずチャネリングやってたんだとやっとわかりました。
最終夜に出てきた私の守護天使の名前は、チャネリングで教えてもらいました。

「天使とお茶会」は私の能力開発のスクールに相当するものでした。
本当にありがとうございました。

素敵★気持ちよかった。

最終話とっても、気持ちよかった。

最後の自分は、とっても若い子供のような女性でした。白いワンピースで、はだしです♪野性児のよう!

いろんな思いが出てきては消えていきました。

守護獣が入ってきてくれたときは、
なんだかすっと、りんとする感じがしました。

これがとっても気持ちよかったです!!!


次回作も楽しみにしています★

おへんじ

キスケ☆さん

天使とお茶会・コンプリートありがとうございます!
自分の姿が変わる、それはそのままキスケ☆さんの変化ですよね!
とても素敵ですね♪
半年もの長丁場になるとは思っていなかったのですが、本当に完結できたのはキスケ☆さんはじめ皆様のお陰だと思います。
ありがとうございました♪

pyoさん

pyoさんと出会えたことは、お茶会シリーズを通して得た財産の一つと思っております☆
ここまでお付き合いくださってありがとうございました~~。
いつも記事を楽しく拝見しておりましたとも♪
何かをイメージすること、それを形(文字)にすることは、全てチャネリングだと思います。
天使と、そして私と遊んでくださって感謝しております^-^

でぶどんさん

コンプリートありがとうございます☆
最後の最後まで、少々苦労しながらではありますが完結できて良かったです。
こうして感想もいただけたことですし^-^
って、次回作リクエストですか!
えぇぇぇぇ、どうしよう(笑)


最終夜…

こんばんは。
大分前に、UPされたのは知っていたのですが、
今、ようやくちゃんと行うことができました。
これも私にとってのタイミングかなぁと思っています^^
るかさん、本当に、第1夜から最終夜までのお話、どうも有難うございました。遊ばせていただくことで、色々考えたり気づいたり、また、落ち込んでいるのを回復させていただいたり…とても楽しかったです。
「貴重な素敵遊び」、本当に有難うございました!!

はじめまして

じぇいど♪さんの過去ブログからお邪魔しまして、全8夜のワークをずっとさせていただいていました。
最終話では一番最後の言葉「お帰りなさい」で、じわっと、涙が…。

とてもステキなワーク、有難う御座います☆

おへんじ

ton-tanさま

こんばんわ。
天使とお茶会、ご参加くださいましてありがとうございました^-^
天使と素敵な時間を過ごせましたか?
どうぞこれからも彼らと一緒に進まれてくださいませ。

おへんじ

ひつじさん

天使とお茶会、すべて完成させてから1年くらいになりますね。
留まっていた期間も、けして無駄ではなかったと思いますよ。
今終えられたこと、それがベストなタイミングなのではないでしょうか♪
コメントありがとうございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

■天使とお茶会 最終夜

 大変長らくお待たせいたしました。  月花さんとこの天使とお茶会 最終夜がアップされたので、こちらも小説投下です。  このお話は月...
2008/06/18(水) 23:25:01 | Indigoheresian Blog +Plus

■天使とお茶会 最終夜

いや~、とうとう最終輪もとい最終夜です、天使とお茶会。o(^^)o長かったですね~、お話も期間も。 タグ 天使とお茶会でも読み直してみるとあっという間。この期間の私の変化も・・・なんだか夢のようです。月花(ルカ)さん、ありがとうございました。では、まず  baby b
2008/06/19(木) 22:00:19 | なんくる主婦の年中わーばぐち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。